So-net無料ブログ作成

20万kmの痛み [OPELの部屋]

先日、とうとう20mkを超えたことをUPしましたが、走る分には今の所大きな問題もなく
毎日、片道50kmの通勤に利用しています。

01ノブ.JPG
ですが、全く何もないわけではなく、
丸13年、20万kmともなればそこかしこ
と痛みは見られます。

まずはシフトノブのこのシルバー部。

ただのデザイン上の化粧パネルですが
操作の為にノブを触ると、ここがグニュ
っと動くようになりました。

本来、カチっとしてるもののハズなんですが。

恐らく、固定用の爪が破損しているんだろう
と考えていましたが、それは予想通りでした。

05パネル爪再生.JPG
2本あるハズの爪が2本とも折れて無くなって
ました。

折れた部品はどこへ行ってしまったのか
不明ですが、こういうプラスチック系の
部品はいたるところで劣化・破損していき
ますね。

部品だけ購入できるかどうかは調べてませんが
何とか修理した方が早いものが多いです。

こいつも同様で1mmのアルミ板で爪を復元です。見えない所では目的が達成できれば十分です。

もう一つ、ここ数年お悩みだったのが屋根です。
01白濁.JPG
写真写りはそんなに悪くないように見えますが
側で見ると目を凝らさなくても顕著な白濁化。

昨年、一度コンパウンドとBODY磨き専用の
バフで磨きまくりましたが、磨いて直ぐはマシ
になるんですが、一度雨に当たると黒いメタ
カラーの中に星雲が現れます。

少しでもきれいな状態を維持したくて洗車を
まめに行っても、周辺がきれいになると星雲
が余計に目立ち、給油してる時にはどうして
もROOFが目に入ります。

06モール養生.JPG
そこで、ドレスUPとして良く使われる
カーボンシートでROOFを覆ってみま
した。

耐候性はこれからの確認になりますが、
見るに絶えない状況からかなりマシに
なるかと。

大き目のシートを調達し、気候も良かった
この3連休に施工。

いつもの通りですが、作業は一人です。
また、屋根つきの場所でなく完全なアウトドア
での作業で、風が強かったらこんな作業はできません。

が、みすぼらしい屋根を少しでもという思いで、約6時間の格闘がこの結果です。
08貼り込み完了.JPG


アウトドアなんで、エア抜き時に3か所ほど小さなゴミのせいで穴が開いてしまいましたが
まずまずの、いや十分目的は達成できた出来栄えです。

塗装に出したら2ケタ万円は確実で、また当面車は使えません。
DIYでの塗装もチャレンジを考えましたが、なんせ屋根は外せませんしね。

やっぱり最近は維持りがメインにならざるを得ませんね。

しかもいかにお金をかけずに、ですね。

上の2つはどちらも0円です。アルミ板は在庫の余り、カーボンシートは楽天ポイントフル
活用です。
そして、これも会社で業務上必要な反射シートを使用して作成した案内板の余りを使った
なんちゃってirmsherステッカーです。

しょぼいですが、弄りといえば弄りですかね(^^)
17.3.11-2.jpg