So-net無料ブログ作成
検索選択

1万km前は6月 [OPELの部屋]

その1万km前は16万!。

そこへ到達したのでが今年の6月です。

それから約5か月。半年を待たずして17万kmに到達です。
170000km.jpg


あららー、です。

早くも1万km毎のオイル交換、さらに今回は3万km毎のATF交換にも該当してしまいます。

前回ATFを交換したのは14万km時、昨年4月の車検時です。

現時点もいたって好調!

通勤で使用している為、残念ながら使用しない昼間は青空駐車なので、塗装へのダメージが
大きいですが、それ以外はいまのところ。

次回車検は来年4月で、このまま順調にいけば18万kmは逝く計算です。

どこまで行くんでしょう。

今年も盛大に [OPELの部屋]

先週の土日、いつもの長野県某所に集まった紳士淑女たち。
簡単に書くといい年のおっさん、おば・・・(自制)たちですが、いやはや今年も盛り上がりました。

32参加車.jpg
3年前から始まったOPEL同窓会。

OPELつながりでお知り合いになって
から、およそ20年近く。

車とは関係なく、普段から飲み仲間に
なっていたり、そうかと思うと、十数年
ぶりの人たちがいたり。

今回は、リアルで初対面の人もいたりして
、これも縁でしょうか。

ところが、これが集まるとなんと言えない
不思議な空気感で何のためらいもなく打解けてしまいます。

33歓談1.jpg
目的は、ただ集まって、うまいもの食って
飲んで、過去の話から今現在の話まで、
とにかく犯罪以外はなんでもありです。

宴会の前にはみんなで温泉に行くのですが
考えてみれば不思議なもんで、初対面の
方々とも湯船につかるのですから。

1回目は、懐かしいね、やろうか!
見たいな簡単なのりで開催したら、
しっかり集まり、ことの外楽しい会に
なりました。


34歓談2.jpg
じゃー今年来れなかった人もいるから
来年もやる?

で、昨年2回目。これまた大盛況、大盛り
上がり。

そこで参加した一人が、3回目やるぞー!

と。そのままダチョウ倶楽部のように
どうぞ、どうぞと幹事の大役を担うことに
なりました。

しかし、諸々プライベートで忙しく、やや
開催が・・・と思われた時期もありましたが
ここがまた不思議なメンバーの集まりで、なぜか話は進んでいくんですよね。

35歓談3.jpg
そういう人たちだから集まるのか?

今年も前夜祭から開催され、そこにも
本番のほぼ半分は集まったようで。

さらに、今年は生演奏付き。

昨年開催時、趣味でバンド活動やってる
方が、ライブの為の練習で機材を持ち込んで
いたんですが、それが今年はセッションする?

みたいな流れになるのもなんか楽しいです。

車は日本ではもう販売されていませんが、
このつながりは貴重です。

普段はもう会社か家族か、ほぼそれだけです。
毎日の生活も淡々と過ぎていきます。

その中での一日。
いや数時間ですが、楽しむ為の面倒くささも感じさせない、そして

『ただ、楽しい、楽しかった』

だけが残る、そんな集まりです。

昔から、ただnet上で知り合い、リアルで酒を飲み、でも別に会費を取った何とかクラブ
を作って活動してたわけでもなく。
でも、それだから集まれるのかもしれませんが。


もちろん、第4回はあります。開催場所も変わりません。
更に、幹事は今年の反省の意味もあるのか、連続立候補です。


今から楽しみです。

30行き.jpg



思わずドヤ顔な工作 [OPELの部屋]

シルバーウィークに入って3日目の月曜日ですが主要道路はまだ混雑してますね。

普通に通勤する身でも、サンデードライバーが多いので非常に怖いです。

さて、久々にイケてる(自己満足)な工作ができました。
18点灯UP.JPG
とは言っても、かなり前に作った物
のリメイクなんですが。

最近の車には当たり前に付いている
デイランプ。

流行に乗っかるのもたまにはいいか、
と初めて作ったのが約3年前。

ただ、市販物をポン付けするのは当然
許されませんので、かなりの工数を
かけ完成させました。

そして、約2年後、使用したLEDテープが寿命となり、一部点灯しなくなったことから
Ver.2へ改造。しかし、これで使用したチューブLEDが超暗い!

30Ver.1、2、3.jpg
デイランプなのに昼間に点灯しても
目立たない。

薄暗くなってきて初めて視認できる
状態。

基本、カッコだけ、という工作はきらい
なので機能が満足できないと駄作扱いです。

ある程度金額を出せば、非常に明るいちゃんと
完成されたランプは存在するんですが、
やはりポン付けがどうも自分的には許せない。

やはり工作は素材からと、net徘徊し選んだ
LEDテープを使用し、Ver.3に着手したわけです。

前置きが長かったです、左の写真は上からVer.1→2→3 です。

3がやはり一番明るく一番白いです。この部分は購入したLEDテープに依存されますので
一か八かな部分ですが、選択は大正解、かなり満足です。

P12樹脂固め.JPG
LEDを埋め込む本体は、更に品質をあげる
べく、FRPで再造形。

これが一番時間のかかるところですが、
手の抜けない部分でもあります。

Ver.1も2も、完成時点では良くできました!
と褒めてあげたいのですが、直ぐにここは
こうした方が・・・・と反省部分が。

そういう所をしっかり見直し、工法を考え
できた単品がこれです。
14カーボンシート貼付け左.JPG
なかなかの仕上がり。
(自画自賛)

欲を言えば・・・というところもあるには
あるんですが、いつもの如く、完成後直ぐ
は悦に浸ってます。

車両に戻して更に悦に浸り、点灯させて
気分はmax。

光量と色味が良かったんで、写真撮りながら
まさにドヤ顔です。

最近は維持りが多かったんで、こういう弄りの方でさらに見た目と目的の機能が満足できれば
作ったかいがあります。

あまりに嬉しかったんで、これも久しぶりに洗車したんですが、塗装のヤレ具合が酷くなって
きており、どうにかしたいがはたしてどうしたもんか・・・・

21完成.JPG


4回目ですよ、もう。 [OPELの部屋]

久々なので連投。

10年使用した網戸の車輪に続き、13年目に突入した車の車輪=タイヤの話です。

先日、この車で4回目のタイヤ交換をしました。
1回目はホイルと共に国産のタイヤ。車購入時についていたタイヤはまだ少しいけそうでしたが
不安な為。スタッドレス用のホイルも必要だったんで。
これが、アライメントが狂っていたのか、3.8万kmほどで片減りが酷い状態に。

2回目は足回り変更と合わせて。
予算上、都合がつかずチャレンジではありましたが初のアジアンタイヤをチョイス。
が、これが非常に好印象。同時にアライメントの調整が良かったのか、ライフも4万kmを超え
私の中では『アジアンいけるやん』となったわけです。
ちなみにインドネシア産。

3回目。
pinso リア4万.JPG
そのインドネシアのメーカーがタイ向け
に出してるブランドが、たまたま超破格値
となっており迷わずチョイス。

あまりにも安すぎたので躊躇しましたが
こいつも大当たり。
やはり4万km以上ももち、何も問題はあり
ませんでした。

写真の通り、スリップサインまであと1、2mm
ありましたが、ここまでくるとウエットでは
滑りだしますので4回目の交換に至ったわけです。

P1050098.JPG
チョイスしたのは、初のアジアンの時と
同じ銘柄。

予算上厳しいのは相変わらずで、車自体
の走行距離も16万5千kmを超えてます。

いつ何が起こるかわかりませんのでタイヤ
に高額投資はできません。

そこで迷わず、何の問題もなくライフも
十分な同じタイヤとなったわけです。

これだけ減ると、走行ノイズも大きいし、
乗り心地も悪くなります。
先述の通りウエットでも怖いです。ですが新品タイヤへ換えた時の感動はひとしお。

こんなに静かだった?乗り心地良かった?と、益々、車に愛着がわきます。
これで同じく4万km以上持てば、十分です。

但し、そうなると車は20万km超え・・・・はたして維持れるのか?
P1050097.JPG

今年もまた、楽しからずや [OPELの部屋]

う~ん、やっぱり例年通り楽しさは変わらず。

a1集合.jpg

今年も、ありました。
毎年開催で今回は第12回Vec OFF。

残念ながら、皆さん予定があり、10名のみ
の少ない参加でしたが、人数が変わろうと
楽しさと料理のうまさは変わりません。

特に何時にどこ、と決められてるわけでも
なく、ゆるゆる現地集合で、ウエルカム
ドリンクを飲みながら、再開を喜びます。

a2料理.jpg
一応、Vec OFFなので、VECTRA2台に
分乗し温泉に浸かった後は、宴の始まり
です。

毎年そーですが、お風呂に入ると急に
眠くなるんですよね。

風呂から宴の開始までが結構つらい。

が、始まるとそんなことは吹っ飛びます。

いつも通り、美味しい料理が並びます。
これと旨い酒と楽しい話があれば時間が過ぎるのは早いです。

a3料理.jpg

今年の銀3焼きは、老松園製牛筋煮込み
とのコラボ、牛筋ネギ焼きです。

通常ならネタを全部混ぜ合わすんです
が、今回は、もう一つトリがあるんで、
お好み焼きの方は、重ね焼き。

広島風ですが、私の住んでた駄菓子屋
であった ”素焼き” 製法で軽めにして
います。

あり難いことに今回も好評で、3枚以上/人の強者も。

トリは ”Theそば飯” です。

持ち込み鉄板の威力発揮、プラス専用スタンドも活躍。

が、改善部分もあったので次回までには対応しておきます。(て、やる気満々)

更に今年のボーナスとでもいいましょうか天気予報ではすっかり梅雨空予報のハズが
a4歓談.jpg

写真のようにテラスで歓談です。

梅雨時期とは思えない位、からっとした
さわやかな風が心地よく、かといって
寒くもなく、もう何とも言えない時間が
過ぎていきます。

話の中身は、各々子供も大きくなり
進学、就職、その他家族や家、体の事
など。・・・

リアルOFF会でお会いした人たちとは、
最初からあまりクルマの話は出なくて、
そのまま数十年続いてるよね、という話
が印象的でした。

だからこそ、こんなに長く付き合えているのかもしれませんが。

翌日もど、P-カン!

a5塩川ダム.jpg

オーナーに教えてもらったコースを
試してみたんですが、天候もよく、時間
も早かった為、気持ちよく流せました。

塩川ダムのPで少しクールダウンした後
中央道須玉ICまで直ぐ。

11:00位には中央道を走りはじめ、渋滞
にも遭遇せす、今年のお楽しみツーリング
も終わりです。

年に数回だけの唯一の息抜きなんですが今年も楽しめました。


次回は、初冬。
車種限定のOFFではなく、それこそ古い付き合いメンバーが集う第三回同窓会!

のハズです。

楽しみの準備 [OPELの部屋]

ここ数日、梅雨らしい天気で洗車しても直ぐ汚れてしまいますが
今週末に向け、色々準備を進めています。

それは毎年恒例、お泊りOFFの為です。

先日、16万kmを無事突破し、1万km毎のオイル交換が前準備の仕上げとなりますが、

01かかと部擦れ.JPG
その他に気になってる部分も少し
手を加え、気持ちよく行きたいな、と。

写真はフロアマットの運転席側。

ちょうどかかとが当たる部分ですが、もう
こんなに擦り減っています。

元々、頼りないヒールガード
(ただファブリックが少し分厚く
なってるだけ)
でしたので、ちゃんとしたヒールガード
は必須と考えてましたが、案外早く消耗
が進みました。

そこで、そろそろ施工しなくちゃと、ホームセンターをうろうろ。
見つけたのがこれです。
02素材.JPG

木造住宅の柱同志の突合せ部を補強する建材
資材です。

板厚は1mmほど、材質はたぶんSS。
元々1mm厚のアルミ板を買ってきて穴開けて
自作する予定でしたが、構想していた大きさを
確保するには300mm×200mm以上の大きさの
ものを準備しなければいけません。

ところがそのサイズですと1700円ほどします。

市販品を調べると、1500円位から存在しました。

工数掛けて作っても費用的にはさほどお安くない。作ること自体は楽しいんですけどね。

10車にセット.JPG
そんなこと考えながらホームセンターを徘徊
していたら先の写真の物を見つけたんです。

何となくそれらしいバーリング穴も開いて
いて、見た目もそそります。

それでいて、価格は200円/枚!

ボルトナットも購入しても800円以下です。

目的はフロアマットに対するかかとからの
保護です。
その為だけなら十分な素材です。

出来上がりは写真の通り。

なかなかです(自画自賛)

そして、もう一つ、そのOFFではここ数年重要な私のお仕事の為、これも加工しておきました。
鉄板スタント8.JPG


重要なんです。これが。


続・お裁縫 [OPELの部屋]

先月、自身初挑戦でステアリングの巻き直しをやってみましたが、
調子こいて、ここも”こーでぃねーと”してみました。

01ノーマル.JPG
アームレストです。

純正はここもファブリックです。

シートやステアリングほどでは
ないですが、やはり経年劣化は
あり、どうせなら。

ただ、やるにはばらせないと
できません。

単品としては簡単に取り外せ
るんですが、その単品をそれこそ
部品単位までばらせるか、が肝です。

試行錯誤しながら格闘1時間。ここまでばらせました。
02ばらし.JPG

そもそもばらす事など考えられた
部分ではないですからね。

はめ込みなのか接着なのか、復元
する事も考えながら恐る恐るです。

ですが、ここまでばらせると後は
楽です。

合皮を型取りし、カットし、地道に
お裁縫です。

と、言葉にすると簡単ですが、最初の工作はやはりダメダメ箇所も多いです。
都合、2回やり直しでようやくこんな感じです。
12 再修正.jpg

幸いここは、ほぼ直線で縫えます。

やり直しと言っても生地の折り返し
が甘かったり、寸法が足らなかったり
と難しいことはないです。

面倒なだけ・・・

が室内の部品なだけに見栄えが悪いといつも目に入る部分なんで気になります。

気になりだすといても経ってもいられなくなり、面倒でもまたバラしてます。

それが常に手で触れているステアリングになるとなおさらです。
48 5回目04.jpg

結局、前のBLOGで2回やり直し、
3回目に満足したような事を書いて
ましたが、ここは特に、気になると
我慢できなくなってきます。

その後また2回やり直し、都合5回目
の作品です。

かなり編み込みもきれいになり、
合皮の切り替えし部もしっかり溝に落とし、操作感は非常によくなりました。
だいぶノウハウはできましたが、何回やってもステアリングは難しいです。

49 5回目05.jpg


そんなこんなの4月末からの作業も
ようやく妥協できるレベルに落ち着いた
ところ、とうとう到達です。

4月から往復約100kmの通勤になった
のであれよあれよと走行距離が延びて
いきました。

予定では7月くらいに到達かと想定して
たんですが

・・・

ですが、今のところ、いたって順調です。

注)写真は同乗者の必死の撮影によるものです。

160,000km.jpg

自身の工作では初挑戦 [OPELの部屋]

GWも終わり、普段の生活に戻りましたが、私の場合、どこか旅行に行くなど
【バカンス】的なことは一切ありませんでしたので、至って普通に戻れてます。

仕事が行くのが嫌になるくらいバカンスしてみたいぞ!と。

100.jpg
でもそんな私でも、例年のGWですと毎年決
まって某所でBBQ大会があるのですが、今年
はなぜか無かったので、それならばと、休み
期間中、全てを工作に費やしました。

13年目、15万7千km超えの為、色々内装
にもそれなりの劣化が目立つようになって
きたんですが、昨年は運転席シートの
ファブリックに穴が開きそうになり、試行
錯誤の上合皮によるサイドサポート
プロテクターを自作。

これがなかなかGood Jobだったんですが、
その時買った合皮が大量に余ってます。

そこで、写真のように擦れが目立ち始めた
ステアリングにカバーをしてあげようと。

101.jpg
ただカバーといっても、巷の量販店何かで
売られている輪っかだけのものでは芸がない。

そこは巻き直しに近いクオリチーで仕上げ
たいと。

その為にはステアリングを外して作業するの
がBestなんですが、普段から通勤で毎日使用
している愛車です。

もしできなかったら?となると、色々困ります。

そこで、多少作業が途中でも家に帰れれば問題
ないから、取り付けたままでやっちまえと。

事前に型取りと、輪っかだけは作っておいたので、
GW前の通常の公休日に実施してみました。




102.jpg

しかし、この部分については私の工作
レパートリーでも初挑戦になります。

お裁縫は幾度となくやってきましたが
ただ縫えばいいってもんじゃありません。

それなりのクオリチーを目指す場合、
避けて通れないのがスポーク部の巻き
がいかにうまくできるか。

その為にはさらに前段階の型取りがどれだけ
ちゃんとできるかにかかってきます。

と、思います。(初挑戦なんで)




103.jpg

こういう事を御商売にされているSHOP
さんのBLOGなどを拝見し、見よう見まね
でステアリングに溝堀などし、合わせ部
の盛り上げりを逃がすなど、細かい細工
も怠りません。

型取りも良いのか悪いのか、なんせ輪っか
状の物を工作するために型取ることなんて
長年生きてても、なかなかすることあり
ませんからね。

そんなこんなで、最初のチャレンジは
ステアリングの前準備から巻き付け、
縫い上げまで頑張ってはみたんですが、
終わったのは22:00過ぎ。




104.jpg

ちなみに私の作業場は会社営業所の駐車場です。
かすかな照明はあるものの、作業するには全く
もって暗い。

仕事用のLED照明を2本使い、何とか仕上げ
ましたが、翌朝見たら、それはそれは残念な
クオリチーです。

部分部分で初挑戦故の問題に直面し、それ
なりの知恵と技術で乗り切ったつもりが
かなりの部分で要修正レベル。

悦に浸り、GWはゆっくり休み・・・・
と企んでいましたが、これでは休み明け
からの通勤で、気になって仕方ないだろうと。

そこで、このGWを使い、一からやり直した訳です。

折角縫い上げたカバーを全てほどき、またカバー自体も作り直し、溝の形状も再度
加工し直す為、先に彫った溝を埋戻し・・・

さすがに間を開けずの2回目の作業です。

かなりの対策はでき、クオリチーも格段に上がりました。

1回目は、暗がりの中での作業になり、注意すべきところもできなかったので、明るい時にやり
ました。

ステアリングの再加工に1日。巻き縫いに1日。

じっくり行った結果はしっかり出てきました。
もうこれで完璧、と追加で別の部分も合皮でカバーするなど、充実したGWの工作になった、・・・・
ハズでした。

しかし、GW明けの2日間。いつものように通勤で使ったわけですが、・・・・気になるととことん
気になってくるようで。

105.jpg

この土日、3回目の修正です・・・・



さすがに・・・




指が痛いです。




ですが、初挑戦にして、2回やり直し。
素人工作としてはまずまずの出来に落ち着きました。




て自分でそう思ってるだけですが。

感覚というものはやっぱり信用できん! [OPELの部屋]

いや、自分の感覚が・・・何ですがね。

昨年の春、ちょうど今頃だったと思います。

10新旧比較.JPG

約6万km位でしたか、もう賞味期限
の終わったショックを交換し、乗り心地
改善、走行フィールも問題なし!

とおよそ1年、何の疑いもなく乗り続けて
ましたが、昨年末にスタッドレスに交換
した時、

『あれ?こんなうるさかったっけ?このタイヤ。』

という感覚がありました。

でもまー、スタッドレスだから、こんなもんでしょ、と春になり夏タイヤに交換するのを楽しみに
してたわけですが、3月に入りいよいよ夏タイヤへ。

で、『あれ?こんなうるさかったっけ?このタイヤ。』

でもまー、アジアンタイヤだから、こんなもんでしょ、とまたも安易に済ましておりました。

13アライメントDIY.JPG
が、何となく音以外にも違和感があり、
ドラシャ破損の経験から、またその辺り
でトラブルか?

と疑ってみたんですが、どうも違うよう。

安堵はしたものの、でもやっぱり気になる。

で、たまたま会社での昼休み。

そばに人がいたので何となくトーを測ってみた
ところ、プラストー!?

もしかしてこれで引きづりが出てて、音が激しいのか。

どちらにしても数値上よろしくないのは明らかです。
本来はちゃんとプロの目と機械で再調整しておきたいところですが、折角、ショック交換からDIYしたんだからと、性懲りもなくまた簡易キャンバー測定具を自作。

きっちりした数値は見れませんし、測定する状態もジャッキUP状態ですから、どれだけ動いたか?
というのが判ればいいんです。

ショック交換時は理屈ではキャンバーしか変化していないはずで、トーアウトになってるということは、
ベスト位置よりポジキャン(タイヤが立ち気味)のはずです。

何度か調整した結果、やはり当たりでした。

音は静かになり、コーナーでも良く曲がります。それ以上に、燃費が目に見えて良くなってます。

相当、引きづって抵抗になっていたんですね。


まっすぐ走ってちゃんと曲がるし、ハンドルもセンター、ステア戻りも異常なし、なんですっかりちゃんと
調整で来てると思ってました。

確かに燃費は落ちており、これは車齢から来てるものかと思ってましたが、実に私の感覚の低さが露呈
されたわけです。

今だって、前より良くなっただけでちゃんと測定したらどうなってるか・・・数字は大事です。

長期消耗品 [OPELの部屋]

なかなか、スパーと暖かくなりませんねぇ。
東北の方はまだ雪予報が出てたり、今月中には山形・秋田と出張があるのに
まだ寒そう。

とりあえず関東南側はもう降雪も大丈夫!と予想し、3月の頭には降雪仕様は解除
したんですが、
15.2.28-1.JPG


RR09 パットTRW取付後.jpg
そうそうタイヤも外しませんので、
ついでに色々チェック。

と言ってもブレーキパッドの残り
やBOLT類のガタツキ、オイル、
グリス漏れなどだけですが。

そのチェックで、リアのブレーキ
パッドがそろそろ。

前回交換したのが約4年前で、
大凡、65,000kmほどの使用に
なります。

何度も書いてますが既に15万超えともなると、こういう長期消耗品も2回目の交換時期に来ています。
RR08 パットTRW.jpg
こういうパッド類はまだ労せず
手に入りますが、良くある
”在庫切れ”
であたふたしないよう、すぐさま
発注しておきます。

そんな時ほど在庫は問題なく
翌日届いたりして、驚かされます。

1回目の交換時はローターもダメ
でしたので、Dixcelというメーカー
のローターとパッド、ブレーキフリュード
をセットで交換したんですが、同メーカー
なんでフィーリングなど一番安定してる
もんだと思い込んでいましたが、これがずっと気に入らず、今回は他社製にしてみました。

今のところDixcelよりは好印象。
同じメーカーだから、”いい”というわけではない一例ですね。

同様に、やはりほぼ4年前に交換したバッテリー。
03Pana caos WD75-28.jpg
毎日車は使ってるので、始動性は全く
問題なかったのですが、普通ならとっく
に交換時期を過ぎてます。

テスターで計測したら、始動は問題無
かったにも関わらず、”要交換”の結果。

こちらも突然死は困りますし、昨年春
にオルタネータが逝ってしまったんで
負荷もかけたくないですからね。

純正は7up銘柄のBLACK。1回目の
交換では、安いからという理由でDelco製
で性能ランクを上げてみたんですが、こちらも交換後、原因不明のフィーリングダウンが発生、なぜか
アクセル踏んでも力が無い・・・
結局、色々やって大陸性アーシングキットを施工したところ、元のフィーリングに戻ったんですが、入口
からたくさん押し込んでも、出口が狭かったら流れない、ということでしょうか。

今回は、前々から一度使ってみたかったPanasonicのcaosを載せてやりました。
瞬発力が高いようなので。

が、今のところ・・・・普通・・・?かな。
audioの音も・・・・純正audioですが、まー普通です・・・


とそんなこんなで、維持りの方も相変わらず必要なようですが、当面箱替えできるわけでもなく、このまま
維持りを続けながら弄りもしていくようです。
010アンダースカート02.JPG


珍しく、冬季工作 [OPELの部屋]

少しづつですが、昼間晴れるとそこそこ暖かくなってきましたかね。
日差しがある場所限定ですが。

豪雪地域はまだ積雪もあり天候の荒れる日もあるようですが、今シーズンは関東のドカ雪も昨年ほどでも
なく、大きな交通マヒも見られず、このまま過ぎていけばいいんですが。

そんな寒い時期は、アウトドアDIYは辛いので何もしません!と何度か書いた覚えはありますが、アウトドア
でなければ、いわゆるインドアDIYであればぬくぬくと作業ができます。

18助手席側から.JPG
昨年秋、とうとう穴が開きだしたシートを
何とか補修しようとして作成した、コレ。

アイデアはまずまず(自画自賛)でした
がビジュアル的にいけてませんでした。

そこで、冬眠中にやり直そうと考え、見た目
の問題はやはり材質が違う、色が違う、
作りに難あり、ということが原因ですので
近い材質、近い色、の素材調査、工法の
再考をしておりました。

もちろん基本は低予算でが大前提です。

26左右.JPG
これも何度も書いた記憶がありますが、
今はnetでほぼどんな素材も買えてしまう
いい時代です。

しかも無料でサンプルももらえたりします。

数種類のサンプルをもらい、低価格で難燃性
(自動車の内装に使用するには大事な性能)
のある合皮を見つけ、それで作成したのが
これです。

中途半端に部分補修であれば余計目立ちます。
以前の物より大きくし、更にバランスを取る為
左右作成しました。

前作の失敗の一つで型取りがまずかったところもありましたが、そこだけお外で寒い中頑張り、
あとはインドア工作です。
まーいつもの事ですが、一度作って気に入らなければそこを重点的に対策しようと考えますので
今度のはそれが反映され、ほぼほぼ満足の一品になりました。

ちなみに合皮は楽天ポイントで購入、費用0円です。

シフトノブカバーver.2 041.JPG
が、だいたいこういう生地もの、
135cm×100cm単位での購入に
なります。

ここだけなら大量に余ります。
そこで、次に手を出したのが、製作して
既に5年を経過した

シフトノブとサイドブレーキハンドルの
皮(合皮)の貼り直しです。

これらも初めて工作した時は、プロ製品
の見よう見まね、ろくに工法も考えず、
思いつきで始めたら何とか形になった・・・・

という工作でしたので、やはり仕上げが悪い!ステッチのピッチがばらばらだったり、合皮の分割が悪かったり
20ver.2取付後.JPG
いかにもDIYしました、的な。

それも楽しみではあるんですが、折角
材料はあるし、5年前と今では私の技術
も向上(ほんとか?)してるハズです。

ここは一気に作り直そうと。

慎重に型取りし、ステッチの針を通す
ラインもしっかり罫書き、分割位置も考慮
し、合わせてこのついでに少し色気を
だし、ダークグレーとパンチングブラック
のツートン化もやってみました。

もっと思い切ったカラー使いでも良かったんですが、そこは、素人工作ですので荒隠しにはあまり派手じゃ
無い方が・・・(そーいうとこ小心者)

ですが、なかなかいい工作ができました。
シフトブーツも作り直し、ほぼ1日の作業となってしまいましたが、リメイクとしては高得点です。
しかも、材料費は追加で購入したパンチング合皮やその他諸々いれても5千円かかってません。

今回の冬季工作、Good Jobです![るんるん]
008Ver.2改右全体.JPG

get! [OPELの部屋]

到達です。

150,000km!
150,000km.jpg


車齢としては満10 11歳で11 12年目 に入っています。

大きなトラブルとしては昨年度、前足両方のドライブシャフト交換、今年の春、オルタネータ交換
がありましたが、どちらも14万km近くの走行距離時点ですから、妥当といえば妥当な部類です。

機能部分ではそれくらいですが、シートのヤレ、内装の剥がれ、ROOF塗装の一部劣化、アンテナ土台
の劣化など年相応の ”老化” はありますが、何とか維持しております。

次回車検は2016年4月。

予定走行距離は165,000kmを想定していますが、エンジン、ATはもってくれるのか・・・・

※写真は同乗者撮影。(念のため)



とうとうこんな所も [OPELの部屋]

先日のOFF会の1か月前。

車に乗り込む時にふと、シートを見てみるとなんともひどい状態に。
02アップ.JPG

バケット形状になったVectraシートですが、
サイドのサポートはRECAROのLSと似た
形状で申し分ないのですが、乗り降りの時
にかなり体が擦れます。

もうすぐ15万kmに届きそうな走行距離で
すから、このような痛みも仕方ないか・・・

ただこのまま放置しておくと、更に痛みは
進み、表面の生地は穴が開いてしまうで
しょう。

03材料.JPG
そうなってしまうと簡単な修理は難しい
かと。
そこで、色々Net検索してみると、
バケット形状のシート搭載の車両では
同じ悩みがあるようで、写真のような
アイテムが出てきました。

生地の種類は色々あるようですが、
ジャージ生地が伸びもよく、耐久性も
あるようでメジャーのようです。

早速、楽天ポイントでタダで手に入れ
施工してみたところ、いやいや、これはビジュアル的には全くダメでしょう!という仕上がり。

09カバー用骨.JPG
もちろん、最初っから生地の質感は
違うのは承知の上でしたが、あまりにも
残念な仕上がり。

損傷の進行は確かに止められそう
ですが・・・

そこで色々考え、またまたNetで検索
もしてみましたが、見た目重視なら
それこそ、フルカバーのシートカバー
を特注するか、大金掛けて張り替えるか
、期待はできないが中古シートを探すか
の選択肢になります。

ですがどれもこれもそれなりの費用が掛かります。そんなに大金はかけられません。
他の場所に、いつどんな修理費がかかるかもわからない走行距離ですから。

13ひたすら縫い.JPG

そこで、在庫の合皮で一生懸命お裁縫。

もうこういう近くを見て行う作業はだいぶ
辛くなってきました。

合皮はそれなりに固いものですから針
を通す時の力もいります。

指先もかなり辛いですが何とか縫い上げ
そこそこ見栄えも考えステッチまで入れて
出来上がったのがこれです。


。。。。自作 サイドサポートサポートです。。。。

若干、まだ見た目は、・・・・なんだかなぁ~感は残りますが、明らかにパッチ貼りだけよりはマシかと。

こういうところまで対処が必要になってきました。
18助手席側から.JPG

食った、飲んだ、騒いだぁ~ [OPELの部屋]

ここにきて、急に朝晩寒くなり、秋は来たっけ?

と感じるぐらい一気に冬の足音が近づいてきました。

昼間も晴れるとまだ暖かい日もありますが、そんな少し秋らしかった先週の週末、そんな秋を感じに・・・
というのは表向きで、懐かしい人たちと騒ぐために長野県 佐久市まで出向いてまいりました。

01.jpg
実は、ちょっとしたことから”また集まりたいね”
という話があり、昨年もほぼ同じメンバーが
同じ場所に集まりました。

もう20年近く前からお知り合い、でもそんなに
頻繁にお会いする人たちでもありません。

今のようにSNSがそんなに普及していない
ころ、Net上で知り合ったOPELオーナーさん
達です。

その頃はBBSか個人で開設していたHP上で
のやりとりから、OFF会なんかで顔見知りになっていきましたが、国内でOPEL車の販売がなくなり
各々、他車に乗り換えられていきました。

02.jpg
でも、この20年、付かず離れずのような感じで
時々お会いすることもあり、だったら久しぶりに
まとまって騒ごうかと。

それが昨年の秋でした。ところがそれが事の
ほか楽しく、これはシリーズ化するしかないかと。

そして先週の2回目の開催となったわけです。

さて、当日皆さんの目的は夜の宴会に焦点を
合わせてます。
ですが、昼過ぎくらいから集まり始めます。
一部早い人は前日?から前夜祭で騒いでましたが・・・・まーそれくらい楽しみなのか。

私も13:00ごろ到着、既に集まってる人たちと、のんびりアフタヌーンティーです。
その後、宴会前の温泉に行く16:00まで、そのまま話す人、車見る人、車いじる人?ギターの練習する人?
03.jpg

と多種多様に楽しみます。

温泉での会話もまた楽しいのですが、
年齢が近いせいもあり、話すネタは
年相応?なことが多くなったのも、
20年前を知ってると考え深いものが
あります。

さて、温泉から戻ると宴会前までしばし
お預けタイムです。
持ち寄ったお酒を眺めたり、またギター
の練習したり?

04.jpg

05.jpg
宴が始まるとどんどん料理が並びます。
お酒もどんどん消費されます。

もちろん話も弾みます。

宴のお宿は、同じく17年ほど前から
何度もお世話になってるお宿です。

オーナーもお料理の準備が一通り
終わると一緒に騒ぎます。

ここ数年、オーナーのリクエストも
あり、私のお好み焼きも焼かせて
もらってます。

幸いにも皆さんに喜んでもらえてる?
ので続けております。

いやしかし、久しぶりに暴飲暴食です。
話も弾み、終わったのは翌1:30ごろ。それだけみんな楽しみました。もちろん私も。

翌日は朝から残念なお天気で。どんよりしてましたが、皆さんそれぞれ安全に帰宅されたようで、
早々に、第3回開催の希望が出ているようです。


・・・・たぶん、あるでしょう。・・・・・第三回。

いやいや、悩みどころです [OPELの部屋]

台風前の静けさでしょうか。3連休初日、非常に良いお天気です。
これだけ天気がいいと、いつもなら工楽日和(工作するのにいい日より。wikiには載ってません)。

ですが、ここ最近色々モディファイに費やすより、維持の為の補修が必要な部分が多くなり、
なかなか新しいことに手が出せません。

IMG_01.JPG
できることは極力自分でやるのがモットーで、
維持を続けてますが今回はこれです。

とうとう大穴が開いてしまったフロアマットです。

穴は既に春先に開いていたんですが、それでも
絨毯マットの端切れを当てがって何とか使って
ました。

しかしそれもほつれが出始めて、さらにこの
マット下にある、車両側のカーペットもにも
ダメージが。

10年を過ぎ、14万7千km以上使った純正マット。他のシート足元のマットも運転席ほどではないですが
それなりに使用感、汚れ、やれがあり、もう十分でしょう、さすがに。

IMG_03.JPG
そこで、新しいマットを奢ってやろうと物色を
始めました。

が、純正や車両に合わせたオーダー品など
数万円します。

かなり妥協して運転席だけ購入、という手も
考えましたがなかなかそういう商品もないし。

それと一番悩んだのが、さてフロアマットに
どこまで投資するべきか?

私の認識として、フロアマットは車両のフロア
に敷き詰められているカーペットに対する、乗員からのダメージの保護が一番だと勝手に思ってます。

それに、これだけの走行距離、年数まで使えたものですから同じものを買えばそれこそ、20万kmまで
は十分持つでしょう。
が、車本体はそこまで持つのか?

そう考えると、そんなに高価なものは必要ないんじゃないか?と思ってしまいます。
ですんで、見事に汎用品 5点setで ¥2,700 です。

IMG_05.JPGIMG_10.JPG
ですが、そこは汎用品。少々それなりに加工
してあげないとシックリ収まりません。



何も考えずにただ置くだけ、で我慢できれば
それはそれでいいんですが、格安汎用品
でもそれなりにsetしてあげれば、パッと見の
見栄えは上がります。


形状的に合わないところをカットして、縁を
処理してあげたり、マット滑り止めのハドメ
の追加など。


それくらいはひと手間かけてあげても
いいでしょう。









それでも、こういうところは少々残念な部分が残ります。
IMG_11.JPG



妥協ラインか。 ・・・・いや、十分でしょ。

これで当面、車体側カーペットへのダメージは保護されます。

目的達成でしょ。

また目玉磨き [OPELの部屋]

もうプラ製レンズの宿命か、それとも今までの施工が甘かったのか。

またまたヘッドライトレンズの磨き施工です。

14.9.2802.jpg

実はこの春にも、面倒くさい殻割を行い、磨いた
ばっかりなんですが、やはり同じ右目だけが
黄ばんで来たんです。

前回は主にレンズの裏側、つまりヘッドライト
の内側の汚れ落としがメインだったんですが

確かに、これはシール不良が原因と思われ
しっかり汚れてました。

しかし今回はどうもまた表側みたい。
殻割するのも面倒なんですが、裏側の曇りのような汚れは今回は大丈夫そうなので、
周辺マスキングだけで表側をまたペーパー掛けからやり直しです。

ペーパー掛けすると、やはり黄色いお汁が出てきて、少し劣化が進んでいた模様。

が・・・劣化?いや、これも最初の施工不足?・・・のような気も。

先に施工した右側、その時点ではうまくできたと思ってたんですが、左目を施工したらそれよりも
きれいになったんで、まだまだ不足だったんでしょうね。

と自分を納得させ、これでもかとシャカシャカ磨いてあげました。

14.9.2801.jpg

色々修正・修理 [OPELの部屋]

3連休、なかなかいいお天気で各道路は例にもれず大渋滞ですね。
どこにも行かない(行けない)サービス業の私としては関係ないですが(^^;)

先月、東名高速道路と接続された圏央道で、海老名SAから厚木ICまで結構な大渋滞です。
今まではその手前の”綾瀬バス停付近”が渋滞の代名詞だったんですが。

さて、先月末から福岡⇒大阪出張だの、外部同業他社向け講習開催3連荘など、やや涼しくなった
途端に多忙を極め、唯一のお休みである土日もなかなか重い腰が上がらず、工作に向かう気持ちも
ややテンション低~い。

それでもやりだすといい息抜きになるんですが。

で、その息抜きでここ数週間でやったこと。

P1040753.JPG
まずは、前回のBLOGで上げたフォグベゼルで
使ったカーボンフィルムで既に3年以上経過して
端から剥がれ始めていたPLR関係をお化粧し直し。

元々、買った当時から純正のPLRの塗装が剥が
れていた為、ごまかしの為に貼っていたんですが、
その時はちょぉーと手を抜いていた為、今度は
しっかり淵を巻き込んでおきました。

まぁ貼っただけ、ではあるんですが、剥がれかけて
いたのがきれいになるだけで気分よろし。


今回、かなり大きめのシートを買ったんで、まだまだたくさんある。
でも端材が残るのももったいないので次はここもお化粧直し。

アンテナ.jpg

ここもおよそ3年以上前にアンテナ土台と
アンテナそのものが劣化でボロボロに破損
しだした為に、同じく誤魔化しのカーボン
シートを貼ってました。

もう何でもカーボンシートで誤魔化しです。

ここに関しても、古いフィルムを剥がして新しい
のを貼り直すだけだったんですが、劣化が
予想以上に進んでおり、結果、土台はとうとう
無くなってしまいました。

でも慌てません。(V)o¥o(V)

5mm厚のゴムシートを切った削ったしてダミーの土台を作って被せます。

雨漏りせず、アンテナとしての機能が問題なければこんなんで十分です。

屋根剥がしてまで修理するなんて大変ですしね。


さて、まだまだカーボンフィルムはあります。なんか塗装するのも塗料買ったりでそれなりに費用が
かかる為、今度はこんなところに貼り込んでみました。

カーボン時.jpg

室内のトリム関係で、以前塗装で荒隠しして
いた部品です。

また、荒隠しですけど・・・。

2003年辺りの欧州車は結構内装の塗装が
剥げたり、粘着化しベトベトになる不具合が
多かったですが、うちのこやつも色んな部位
が剥げてました。

最初から塗装で対応していたんですが、今回
は折角なんでフィルムで逝ってみました。

が、複雑な形状はやはり貼りものだと限界があります。

翌日には剥がれてきたり浮いてきたりと・・・・

これは早々にやり直しだな~

とどうしようか考えていたところ別BLOG(某みんカラ)の方で、私が愛用している補修品メーカーの
ホルツさんからマットクリアなる試供品モニターに当選。

08取付け9.jpg
これはラッキーとばかり、早速塗り直しました。

写真では良くわかりませんが元々クリア塗装で
艶々にしていた部品をマットクリアで仕上げてい
ます。

この車のオーディオ周辺のパネルが、ダーク
グレーメタリックで塗装されており、更に艶消し
でした。

それに合わせたかったのですが、なかなか良い
上塗りの艶消しが無かったんで、ずっとクリア&
艶有にしていました。

今回のそれは新製品にするかどうかのお試しモニターだったんですが、同じ艶有で修正するくらい
なら、変化を付け、更に他のパーツとの整合性を図るには丁度良いかなっと。


仕上がりは思惑通り。

今まで変に艶有パーツが点在していたのがこれで統一感が出ました。


先に貼ったカーボンは、たった2週間でポイです。

工数はかかったんですが、これもDIY工作ではありがちです。自分で作業するから気にいらなければ
躊躇なく変更できます。

これがSHOPなんかで工賃払ってイメージと違ったなら、捨てるに捨てられないですからね。


というわけで、目新しい事は何もないですが、14.5万kmを突破したレア車の近況でした。


やり直し、DIYの辛いところ [OPELの部屋]

今年の春先から作り直していたデイライト。

6月初旬の梅雨入り前には完成していたんですが、何かと気になるところが。

まず使っていたLEDチューブライトの光量が思ってた以上に小さい。

さらに、見栄えを考慮して作った全面のアクリルカバー隙間から水の侵入があり、そのカバーを汚してしまう。

などなど。

19透明レンズRH.JPG
一旦は、

あー前より良いものできたぁ~、

と喜んでいても見た目だけじゃ意味ない
ですからね。

結局、6月からこの8月末まで、都合3回
ほど作り直しました。


結果的には水の侵入は何とか防止でき
ましたが、見栄えはダウン。


24夜点灯.jpg

まーこれもDIY工作の面白み、といえば
それまでなんですが・・・

が昼間の光量の低さはどうしようもなく、
これは次回作り直し時の課題です。

そもそものLEDの問題ですけど。



周りが暗いといいんですけどねぇ

恒例!、年一泊まりOFF(時々2回かも) [OPELの部屋]

先週末の土日で、毎年恒例のOPEL Vectra泊まりOFFに行ってきました。

OPELといってもご存知の通り、現在は国内での新車販売はされていませんので
徐々に他車へ乗り換えのOBさんたちも増えてきていますが、そこは同じ車好き、騒ぎ好きという
ことで、毎年、この梅雨が明けるか明けないかのタイミングで集まっています。

02.jpg
昨年は、このOFF会も10周年を迎え盛大に
執り行われましたが、11回目となる今年も、
同じように、同じメンバーが集まり、やはり
”盛大” に開催されました。

もう、ほとんど知れたメンバーですので、色んな
ところがユルイです。(^^)

15:00くらいまでに高速上で数名待ち合わせて
現地に移動する方々がいれば、直接集合組もあり、集合からしてユルイです。

そして、頃合いを見て温泉に行き、18:30位から宴会に突入と。

01.jpg
後はご自由に歓談ください。

な、スタンスなんですが、まー本当に自由で
一人参加、家族参加関係なく楽しい時間が
過ぎていきます。

宴もたけなわな所で、いつも幹事さんがドイツ
ディーラーから調達してる販促品?のオーク
ションで盛り上がり、その後はまたお酒を
チビチビしながらのゆったりした時間が流れます。

03.jpg
このユルサがいいんですよね。

おなかも満腹、お酒が入ってトロ~んとしてきた
ところで、お開きになるわけですが、まー楽しい
こと。

今年私は、大学生になったばかりの息子と
二人で参加したんですが、また今年も恒例の
”焼き” をさせていただき、代わりに大人になった
息子が会話の中に入ってました。

その会話の中でどんな流れになったのか知りませんが、うちの息子、エレキギターをもらってました。

たまたま温泉の帰りに自分たちの若いころの音楽話から、楽器の話で盛り上がってはいたんですが、
まさか、その日の内に楽器を手にできるとは、それ以上に車OFFでギターがあるのも不思議ですが。


さて、前日はそこかしこで雨に降られ、車もドロドロで到着したんですが翌日は思いのほか良い天気。
04.jpg
酒飲んだ後の朝食がこれまた旨いんですが、
こりゃ少し洗ってやらにゃ、とそそくさと済ませ
洗車させてもらいます。

これもこれまたユルイですね。(^^)

さの後、近くの公共施設の駐車場に移動し、
思う存分!車OFFを満喫します。

奇しくも、ほとんどのVectra乗りが残り、各々の
車を乗り比べたり、チェックしたりと、2時間ほどが
あっという間に過ぎていきます。

たまたまその施設でケーキバイキングの催しがあり、じゃー最後におっさんばかり(子供も少しいましたが)
ケーキ食って解散、という流れになったんですが予約でいっぱいで合えなく退散。
こういう行き当たりばったりもまたユルイですなぁ。

結局、そのままお開きとなり、各々帰路に付くこととなりましたが、いやー楽しかった。


こう、時間に縛られず、とにかくゆる~い状態が、何とも言えず居心地がいいのです。

やっぱり。


年一の車OFF、車調中! [OPELの部屋]

今週は、異常な天候で雹(ひょう)が降ったり、局地的大雨やらありましたが、今日は
非常に穏やかな梅雨の晴れ間になり、昼間は暑かったですが夕方は少し涼しい風が吹いてます。

もう来週は7月、上半期も終わるのに何でしょうねこの天候は。

さて、そんな梅雨が明けるか明けないかのタイミングで開催されるOPEL VectraのOFF。
もう、かなり他車への乗り換えが進んでしまいましたが、まぁ目的は集まって旨いもの食って
騒ぐ事ですから。

昨年は10周年として盛大に盛り上がりましたが、今年も予定通り今週末に開催されます。

08完成3.jpg
目的は先に書いた通りですが、参加は当然
車です。
去年は、色々不安を抱え、できる事を進めて
いましたが結局ドライブシャフトベアリングが
経年劣化でダメになっていたという事が、秋に
路上で走れなくなって初めて判明しました。

なので、一時は今年の参加はできるかな?
というぐらい車がもつのか?という不安が
ありました。

なんせ14万km超え、10年超えでしたので。

が予定通り、4月に車検を受け、よーしあと2年がんばるかー

と気合いれショックを新調した途端、ドラシャブーツ破れ再発、オルタネータ昇天、と維持りにかなりの
出費が出ました。

ですが、現時点は変な足回りからの異音を除けば至って好調。

その異音も、たぶんこれだろうと目星がついており、暫定対策済み。


05塗装.jpg
また3月にあったドカ雪で、ラッセル状態により
破損したリップの修正も終わり、用意万端。

車の方の調整はほぼいい感じになってきたので、
昨年よりは気持ちよく長距離を走れるでしょう。



あとは、前日に絶対忘れてはならい鉄板を磨いて、さぁ今年も騒ぐぞ。