So-net無料ブログ作成
検索選択

ただ廃棄はもったいなくて [日記]

2017年、新年のご挨拶以降初投稿です。

て、もう2月。

極端に暖かくなったり、そうかと思えばまた冷え込んだり。
でも少しづつ、暖かい日が多くなってきているような。

目が相変わらずもう一つな感じなんで、車ではなく家の物をちょっと。

クッション01.JPG

何かと言いますとクッションのカバーです。

最初はこれも作ろうかと思ってたんですが
目がうっとおしいので既製品を。

楽天ポイントでまたタダで。

で、カバーなので、当然カバーされる方が
必要なんですが、そちらはありません。

じゃーどうするか。



これです。

クッション02.JPG

なんじゃ、こりゃ?

な写真ですが、経たり切った低反発マットです。

つい先日まで私の敷布団でした。

が、朝起きると体中が痛いので、これはもう
潮時かと。

別の高反発マットを購入したんで、こいつは
廃棄しようとしてました。


が、何かに使えないか?

ということで、カバーだけ準備してクッションにしてやろうと。


クッション03.JPG

裁縫ばさみで簡単に切れるので
(でも厚いので作業性は悪いです)

カバーより2cmほど小さめにカットして
先のカバーに詰め込みます。


が、購入したカバーの生地自体がかなり弱く
マットを入れてる間に何か所か裂けてしまい
ました。

が、お裁縫は得意なんでチャッチャと補修。


何回かサイズや厚みを変更しながら廃棄処分予定だったマットは4個のクッションに。

クッション04.JPG


ま、そんなに耐久性はなさそうなんで使い捨てにはなりそうですが、家のリビング、ソファーとかないんで

座布団代わりにちょうどいいかな。

今更、謹賀新年 [日記]

ご贔屓様、今更ですが明けましておめでとうございます。

旧年中は、相変わらずの緩い更新ペースの中、それなりにご覧いただきありがとうございました。

毎年書いておりますが、BLOGと言いながら更新ペースは変わらずやっていきます。

デザイン_2017年賀.jpg


さて、昨年は予想外の目の病気にかかり、手術・入院と、大変な年でした。

未だに視力は芳しくなく、でも少しづつは良くなってきている?ようです。
今年の4月には5年ぶりの免許更新があり、もっかその視力検査だけが心配です。

お医者さんは大丈夫でしょう・・・と言うのですが。

その他、目の病気の前は坐骨神経痛も発症していて、50肩の治療で通った病院にまたお世話に
なっていたんですが、年々、寝てるだけで体中が痛くなるのが酷く、今年はまず寝具から換えてみるかと。

会社の新年祈願に行った時のおみくじでも、数年ぶりの大吉が出たこともあり、少しばかり期待してみましょう。

体については、筋肉の衰え、目の衰え、以外は今の所大丈夫そうで、メタボ予備軍とは診断されてますが
血圧や血糖値など内臓疾患に至る不安が見当たらないことだけは維持できればと。

維持といえば、車の方は現在 196,000kmを超えこちらも予想外の長期・長距離存続ができています。
普通に使っていれば必要になってくる交換部品は別として、大きな問題もなく至って順調。

ただ、前回のシーズンでもう終わりと判断していたスタッドレスを、今シーズンも使いまわした為、積雪が
あるとちょっと不安です。
16.12.24.JPG


夏用タイヤも順調に想定通りの走行距離となれば、今年の夏くらいには考えないといけなくなりそうで、
これは、夏冬ダブルで新調、必至か?

だったらもう一回車検受ける?みたいな・・・・

ちなみに今年は車検がないのですが、次回車検時2018年4月には22万kmの予測。
営業車並になりそうですが、現在の感触ではなんかまだイケそうな雰囲気ではあります。

ともあれ、本BLOGの内容も”弄り”より、”維持”の記事が多くなるかもしれません。


ということで、今年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>

屋根でもDIY [OPELの部屋]

早いもんでもう11月。なんか毎年おんなじ時期におんなじこと言ってるような。
でもやはり、朝晩はめっきり冷え込む日が増えて来ました。
8月に手術した網膜剥離の後遺症?も劇的には改善されない状況で、年末を迎えそうです。

100剥がれ.jpg
そんな中、私の網膜が剥がれる少し前、楽しい
off会で温泉へ向かう途中、
「とうとうルーフも来ましたねー」と、同乗者。

「え・・・」と目線を移すと何箇所か大きな
水ぶくれのような膨らみが。

欧州車では、アルアルの話なのでいつかは来る
とは思っていましたが、車齢13年にしては
よく頑張った方です。

運転に支障がある程ではなかったのですが、
それを発見した後、例の網膜剥離です。

106生地剥がし2.jpg

早々に、ネットでやり方や材料など調べて、もしPROに
頼んだらどれくらいかかるのか?
などの調査も抜かりません。

ですが、それどころじゃ無いと。

まずは体を治さないと、となる訳ですが入院してても
気になります。

ベッドの上でも更に調べを進め、退院したら一気に!

と考えていましたが、なかなか思惑通りにはいかない
もんですね。

何せ、術後にこんなに見え辛くなるとは想像もしてなか
った為、なかなか行動に移せません。

そのうち気温も下がり始め、さーどうするかぁ・・・・


26貼りこみ開始.JPG
思案している間にも、一旦剥がれ出すと進行
は早いようで、水ぶくれは日に日に大きくなっ
てきます。

こうなってくると本格的に寒くなる前に片付け
ないと見え辛いだけでなく、体も動き辛くなり
ます。

丁度、楽天ポイントで張替え用の生地と接着剤
が手に入る事もあり、やっちまうかと…

辛いですがいつもの通り野外作業です。
天気の良い日を狙い、初作業に挑戦してみました。

どこを調べても重要なのは古い生地を剥がした後の下地処理。
ライニングにへばりついた古いスポンジと接着剤をきれいに剥がさないといけないわけです。

28貼り込み完了.JPG
道具は ”タワシ” がこれまた一般的。

定番通り ”タワシ” で擦ればよかったん
ですがなんせ目が悪いので早く終わらせ
たいと、横着こいて電気グラインダーに金属
タワシのアタッチを付けてやり始めてしまい
ました。

結果は見事にライニングの一部を削ってしまい
危うく、穴をあけてしまうところでした。

こりゃまずいと、付けていたアタッチメントのみ
外し、大方剥がせたのは2時間後。

その頃には腰・膝・肩がもう大騒ぎ。

しっかりした作業台があればいいんですが、地面に直置きでの作業、そりゃ体も固まります。

スポンジ取りまでで1日がかり。翌日に貼り込みを行ったんですが、機械に頼った報いか、スポンジ付
生地だからと油断していたのか、何か所かは、下地処理のまずさが出てしまいました。

凸凹が大きい所はパテ埋め処理はしておいたんですが・・・・

それでも、PROに出せば7万~9万、新品ライニングを購入すればたぶん二ケタ万円!

今回準備したのはマスキング用のビニールロールとタワシでおよそ1,200円!!!!
(多少品質には目をつむれば)安いもんです。

109音ナシート貼付け.jpg
さらに、どうせライニングを外したなら、外さない
とできないルーフの制振・防音もやってしまえと。

ナイシトール(お腹の脂肪を落とす薬)のような
ネーミングのこれをホームセンターで見つけ、
価格も2,800円ほど。

これなら変化を感じても感じなくても、こんなもん
かと諦められる範囲です。

これとてお願いすると工賃込で数万円の作業な
訳ですから、『得した感、ハンパネ~』
と思えるようなDIYでした。

あとは、外した逆の手順で元に戻すだけ・・・・と
文章に書けば簡単ですが、ここでも何だかんだ
と知恵と勇気と妥協が。

44ほぼ完成.JPG

でもド-です!
なかなかのモンでしょ(自画自賛)

ルーフライニングなんか初めて外しました
がやればできるもんですね。

とりあえず、これはこれで大成功です。

実際、残念な部位は数か所残りましたが
かなりしんどい作業です。

また、やはり車齢13年ですと、ライニング
はおろか、いろんなプラ部品が硬化して
いて、もう一度バラすのは危なそうです。 

なんでもうやりたくはないですね。
水ぶくれのラインニングと比べれば運伝の差ですし、更に運転だけしていれば全く気になりませんし。

更に期待してなかった制振材施工が『ROOFだけでこんなに変わるの』?と感じるくらい車内騒音の低下が
あり、正直これには驚きました。

たまたまライニングを外したからできた作業なだけなんですけどね。

とにかく、初めての割には(またまた自己満足ですが)good jobです・・・

45完成.JPG

今年で3度目、OPELの縁(宴) [OPELの部屋]

毎年、秋のルーチンパーテーとなりました、OPEL同窓会。

場所はここで何度もご紹介している長野県佐久市のお宿です。

001.jpg

何はともあれ、例年通り楽しく、盛大なうちに
催されました。

今年は、これも毎年恒例となっている前夜祭
から突入させて頂き、食の暴力2連荘!

前夜から腹はパンパン、本番までどうやって
消化させようかと、そんな心配まで。

前夜祭とはいえ、これだけのメニューです。
>馬刺し
> 岡山県日生産牡蠣の昆布蒸し焼き
> 自家製いくらの軍艦巻き
> 信州牛のサラダ
> タルトタタン

002.jpg

私は当日お休みを取れなかった為、14:30まで
通常業務。何とか残りは他の人に任せて雨の中
長野へ向かいました。

野辺山高原に入った所では既に真っ暗で、更に
もう何十年も遭遇した事の無い濃霧。

視力のおぼつかない状態では非常に怖い状態
ではありましたが、19:00過ぎに何とか到着。

丁度、宴が開催されたところでの合流でしたが
駆けつけ一杯ならぬ、駆けつけ一皿、駆けつけ
タラバ足数本、みたいな乗りです。

参加メンバーは私を入れても5名だけでしたが、この少人数でも豪勢な料理とうまい酒で、一気に疲れは
吹っ飛びます。
酔いも一気に回りますがね・・・・

003.jpg
翌日は、他のメンバーは明日に本番を迎える
FBMを覗きに行くと出かけましたが、私は前日
の”抜け出し”による業務の停滞が怖くて、午前中
はお仕事。

まー今日の本番に他の参加者が集まるのは
14:00~15:00くらいですから、のんびりです。

昨晩の暴飲暴食を消化させるべく、午後から
ハードな散歩でもと考えてましたが、お宿の
オーナーさんにお誘いいただき、ドライブ&
お買い物。

朝方は良い天気でしたが昼前からどんより
したお天気に。
そこはもう初冬の様相です。

一歩外に出ると、ダウン着てもいいかな?と思わせる気温でしたが、お昼はオーナーに牛筋カレーを
作っていただき、昨晩の消化どころか更においしい増量です。

004.jpg
そんな感じでのんびり(消化はどこ行った)過ごし
ていると、超速い御着きで大阪からの参加者が。

やけに早い(速い)のでお話を伺うと、ここには
書けない方法で到着した模様。

いやはや、お若い。
(既に御定年されている方です)

しばらくすると、徐々に懐かしい顔ぶれが集まって
きます。
おおよそ集まるとこれも恒例で近くの温泉に出向き
宴の前に腹を空かせます。

が、前夜祭込だとこれも悪あがきか、なかなかお腹が空きません。

005.jpg

聖夜のメニューもすんごいです。
> 自家製いくらとパンケーキ
> 毛ガニ酢
> 毛ガニの甲羅焼き
> 岡山県日生産牡蠣の昆布焼き
> タラバガニの脚
> 牛すじのどて焼き名古屋風二晩目の濃厚なバージョン
> 信州牛サーロインとフィレのタリアータ
> 銀3焼き2016 筋ネギモダン
> スペシャルケーキ

ですが、今年は前夜祭からの参加だった為か、それとも食事が並んだ瞬間に ”消化” されたのか
食べるのに必死でお料理の撮影を失念。
006.jpg

今回も有り難くリクエストを頂き焼かせて頂いた
んですが、なぜかいつもこれの写真を撮り忘れる
くせに、これとデザートだけ撮ってました。

にしても、飲んで食って騒いで、でも皆さんいい
大人なので騒いでも、そこは年相応。

ゆっくりと楽しい宴は過ぎていきます。

3年前に軽い感じで始まったOPEL同窓会。

今年は私をいれてもOPELは2台のみの参加
でしたが、もはや車名が宴会の冠化となった状態
でも、やはり来年も開催されそうです。

まだまだ長らくお会いできていない懐かしい方々はおられますので、来年は誰が来られるのか
これまた楽しみです。
007.jpg


プチリフォーム続き [日記]

前回のBLOGから週末3日を使い、やり残したキッチン収納の扉達を仕上げました。

この前はできたところまでの完成写真だけでしたが、ほんとにDIYしてるって証拠を。(^^;)

キッチン扉04.JPG
まずは、扉単品にしこびりついた汚れを
綺麗にします。

油関係の汚れが多いですが、マジックリン
で念入りに落とします。

これが適当だと、シートを貼った時に空気
だまりができやすくなり、また密着も悪く
なります。

綺麗にできたらシートを裁断します。

作業台は簡易キャンプテーブル
(椅子が折りたたんで収納できる奴ですね)
です。

キッチン扉05.JPG
次に、扉のエッジ部分をペーパー掛けし
均します。

これは、前回の途中で気が付いたの
ですが、各面に貼られている元の化粧
板が、角々でトンガっていて、微妙に
飛び出てたりしてます。

このままシートを貼ると、このエッジ部
で、エア抜き途中でシートが切れてしま
ったり、そこに空気だまりができてしまい
なかなか抜けなかったのです。

手として借り出した息子が気づき、途中から工数を増やしました。

キッチン扉06.JPG
エッジ落としが終われば全体を脱脂し、表から
貼り込んでいきます。

表面に少し石鹸水を吹きかけ、エアを抜き
ながら表を貼り込み、裏側へ折り返して
いきます。

ここでさっきのエッジ落としが効いてきます。

この扉の厄介なところは、上下がR形状に
なっており、その角の巻き付けが一番苦労
します。

表面側にしわ寄せが来ないよう頑張りました
が、写真の状態が限界。

汚くても巻き付けておく方が剥がれにくいので
この部分は妥協です。

キッチン扉07.JPG

貼り終えた単品。

コレも途中で気付いたのですが、表面も
ペーパー掛けすべきだったと。

10数年も使っているので見た目綺麗でも
元の化粧パネルは所々荒れてしまって
いて、しっかりエア抜きしても表面の荒れた
凹凸をひらってしまうようです。

が、シートも必要分しか購入していないし、
遠目では問題ない(自己判断)ので進めます。

カッティングシートなんで見た目の質感はまーある程度仕方ないか、とも思ってましたが
なかなかどうして、ホームセンターで切り売りのシートでもイケテます。

と、腕か(自画自賛)


最後のシンク下のパネルは取り外しができなかったので何種類かのヘラを駆使してやりましたが
全て揃うと

おぉー新品みたい(自己満足)


まだ視力が完ぺきでない割には good job ということで。

キッチン扉10.JPG



・・・が、まだ車弄るのは辛いかなぁ

プチリフォームといえば聞こえはいいが。 [日記]

これも修理です。

キッチン扉01.JPG

キッチン棚の扉たち。

10年も使えば化粧パネルがそこかしこと
割れ、剥がれが目立ちます。

接着剤で誤魔化してはいましたが、それも
そろそろ追いつかない状態。

何とかしたいとまずはPROのリフォームで
どんなことができるのか調べました。

キッチン全体交換、これは予算的にありえない。
扉のみ交換。やりかたによって価格は違うようですが6千円~1万円/扉。
これもかなりの費用。

キッチン扉02.JPG

表面だけ張り替える。
カッティングフィルムだけで表面を換えてしまう
方法ですが、これもそこそこかかる。

じゃーDIYで検索してみると、やはり同じこと
考える人は多いようで。

家のキッチンの扉は、上下R形状になってる為
縁の処理が難儀なんですが、フィルム代だけなら
1万円以内。

当然、選択肢はそれしかないですよね。

ただ、まだ目の状態が本調子じゃないので、もう一人作業者を確保しました。

キッチン扉03.JPG

大人になった息子の手を確保し、
半日かけて上半分のみ完成。

やはり最初の1枚は空気が入ったりと
時間がかかりましたが、貼り込む扉の
元々の状態により追加加工を加えると
非常にきれいに仕上がることが判って
きて、まずまずの出来栄えです。

いつもなら片手にドライヤーを持って
片手で作業、と非常にやり辛いのですが
もう2本手があると楽です。

これでノウハウは伝授できたので、暇な
ときに残り下側を進めるよう指示しておき
ましたが、学業とバイトが忙しいとのこと。


また4本手がある時まで下側はお預けですかね。

ちなみに、これも車触るまでのリハビリでもあります。

禁断症状によりリハビリ [旨いもの]

術後、約1か月半を過ぎましたが、まだ視力の方は完治とまでは言い難い状態です。

一番は遠近感がおぼつかず、遠くを見るのはまだマシなんですが、近くはかなりきついです。
日々のPC仕事は特にこたえます。

この3連休も、晴れれば何かしら車が弄れるのでありがたい連休なんですが、近くを見て品質を
確認することができないので、できても洗車程度です。

思ってた以上に時間がかかりそうです。

16.9.18トマト入りお好み焼き01.JPG

でも、どーーしても何か月かすると出てくる
禁断症状。

車も弄れないし、せめて旨い物食したいと。

近くがうまく見れないので包丁を使うのは
まだ怖いのですが、難しいカットではない
ので・・・

朝から切れている材料を買いに車を走らせ
禁断症状を抑えるべくドーピングの準備を
してしまいまいました。

16.9.18トマト入りお好み焼き03.JPG

今回は前から試してみたかったトマトスライス
withチーズインです。

チーズインだけは何度か試していて、これは
間違いないのは確認済みです。

トマトスライスは焼く時にどこに入れるかで
食感や味に違いが出るだろうーと、色々試して
みたかったんですね。

いつもなら、全ての材料をparts単位に準備
し、焼く前にassyするんですが、目がこんな
状態なので、今回はある程度sub assy状態から進めます。

16.9.18トマト入りお好み焼き02.JPG

ここまでは視力の影響は無し。

いつも通りうまく焼けてます。

そういや、いつもはかなり感覚、というより昔
からの経験と感覚で水と御粉の配分を決めて
いましたが、今回初めて測ってみました。

水ワンカップ5枚分!

これに経験値の固さになるよう御粉を配分します。

これがどんぴしゃに決まるか決まらないかで粉っぽくなるか、ふわっふわになるか。

16.9.18トマト入りお好み焼き05.JPG

既に食されてますが、
”トマトスライスwithチーズイン”

大好評でした。

通常通り、”どろソース” での相性も抜群
(写真上)でしたが、ソース色してない
(写真下)もイケてます。

サラダドレッシングの ”シソ醤油” かけです。

トマト+チーズと言えばイタリアンですから、バジル入りドレッシングやオリーブオイルをかけても良さげ
でした。


ちなみにトマトスライスの置く順番は企業秘密ということで、・・・・って商売はしてませんけど。

とにかく、視力がこんなんだと焼き作業も不安でしたが、そこはやはり幼少期からの経験からか、
感覚で何とかなるもんです・・・
16.9.18トマト入りお好み焼き06.JPG

ちゃんとレポ [OPELの部屋]

まだまだ視力がおぼつかないので弄りの方はお預けですが、ちょうど、連続で台風が
来ている為、アウトドアDIY派には結局何もできません。

1467072587980.jpg
6月に発覚した欧州車の定番、ROOF落ち。

写真では判り辛いですが矢印の辺りが
プックリ膨らんできています。

ここだけではなく数か所発生しています。

もちろんこれもDIY修理前提で、今は何も
できないから材料や工法などをじっくり調査
中です。

これについてはまた作業ができるようになってから改めて書きます。

そこで今回は、目の病気が発症する前にギリギリ交換できた3回目の足、SACHSについて。

一度UPしましたが、ちゃんとしたレポを上げられてなかったんで。

10フロントレタリング.JPG
とうとう3回目となった足交換。

最初は、ショックはKoni sports+Vogtland
のバネでした。
2回目は、ショックのみmonroe へ交換。

ノーマル→koni は約70,000km時、koni→
monroeは約140,000km時。
ちょっと使いすぎで、交換時はかなりオイルが
にじんでおり、手で縮めた後の戻りも悪くなって
いました。

そして今回が180,000km時です。

sachsエンブレム.jpg
バネはVogtland製で同じなんですが、SACHS
のKITとしてカタログ復活されていた為、迷わず
選択しました。
SACHSは、純正Partsとしても日本車の一部や
欧州車でかなり多くの車種に設定されています。
日本で言えば、KYBやTOKICOみたいなもん
ですかね。

私も初めて欧州車を所有し、その時交換したのが
やはりSACHS製でした。

そのフィーリングが気に入り、ラインナップがあれば最初から選択したかったのですが、何せこの車種用は
早くからカタログ落ちしてしまい、選びたくてもそれができなかったわけです。

初年度が2002年の車両用を、10年以上経った今、SACHSさんが復活させてくれるとは。
日本ではどれだけの台数がまだ走ってるか判りませんが、あなただけでも付けなさいよ、と言われてると
しか思えません(妄想)

blog05.jpg
それはさて置き、交換はいつもの通りDIYです。
(右が交換前のmonroe、左が交換後のSACHS)

今回はショックもバネも新品になり、フロント
にいたっては、アッパーマウント(ベアリング込)
まで新品にする為、当然交換後は再アライメント
が必要です。

そこはPROのShopと機械に頼らざるを得ない
のですが、交換作業自体が楽しみなんで。

で、作業自体はあえてここで書きませんが、ちょっとした失敗がありました。

梱包されたいたケースには、フロントショックとスプリングは、いかにもこのように組んでくださいね、
と言わんばかりに入っていました。

何の疑いもなくそのように組んだ写真が上の写真です。右側の交換前とスプリングが逆になってます。
この状態が正しいと思い込んでいたのですが、その時少しアッパーマウントの収まりが悪いなぁ・・・
と感じてました。

作業終了2日後、ハンドルを切るとゴムを擦るような異音が出るようになり、あまりにも不自然な異音だった
為、もしかして?
と、改めて交換前の写真を確認。

そこでようやく上下逆さまだということに気づきました。
現物を確認してみると、スプリングとスプリングシートがずれてしまっており、このままではスプリングシート
が破損してしまう所でした。

梱包状態が正しいものだと何の疑いもなく組んだのが原因ですが、アライメントを取り直す前に判明
して良かったです。

12リア取付後.JPG
ミスが判明、組み直し後のSACHSの足。

過去の所有車両でSACHSを組んだ車両の
フィーリングは満足できるものでした。

今回もかなりの期待を持っていたわけですが
アライメントもしっかり調整され、普段最も使う
通勤路。

8割がた高速道路を使用しているのですが、
タイヤ騒音、ギャップ通過時の収まり具合、
乗り心地や、ICなどの大きなコーナーでの
踏ん張り、どれをとっても、今までの組み合
わせよりも全て◎。

過去の2回は、自身で組み合わせを決めた為、ショックとスプリングの相性は良くも悪くもそれなりでした。
koni の時はショックが固すぎ、monre はスプリングが勝ち過ぎ、そんな感じです。

でも今回はKIT品、SACHSがTOTALでチューニングした商品です。
相性は推して知るべし、18万km後半になってしまいましたが、ようやく満足できる足になりました。

欲を言えばロアアームやスタビライザーなどのブッシュ類も新品に揃えたかったですが、予算やParts調達
の問題もあり・・・そこは妥協と。

しかし、来月末には19万に到達し今のところ致命傷になるような故障も出ていません。

願わくばこのSACHSが経たるであろう、あと4万km(TOTAL 22万km)ほどはまだまだ楽しみたいもんです。


はたしてもっってくれるか・・・・。

体と連動? [日記]

ということは無いとは思いますが、立て続けに普段使用しているものが壊れました。

一つは、ブルートゥースハンズフリーイヤホン

16.8.28ブルートース.JPG

一番右端のやつが壊れたやつ。

一番左が再調達品。

破損内容としては、待ち受けで一回受電
すると、2回目からは携帯側を操作しない
と受電できない。

全くハンズフリーの役に立たなくなったわけ
です。

最近は防水品の高価なものもあるんです
が、この類の物、内臓バッテリーがお亡くなりになると使い捨てとなり、せいぜい2年~3年。
耳に付けますから汗やホコリなどで、毎日使うと寿命は更に縮みます。

なんで、2,000~3,000円くらいの商品で回してるんですが、今回は約半年しか持たなかった。

ちょっとそれでは耐久性無さすぎます。
今度のやつはメーカーを変えてみたんですが、どれくらい持ってくれるか・・・・


さて、真ん中に鎮座のIQOSステッィクが二つ目です。

こやつも壊れたようです。しかも約3か月で、です。
どこが壊れたか判りませんが、壊れてるよインジケータが点灯し、とにかく使えない状態です。

お客様サポートへ電話したら ”あるある案件” なのか、オペレーター女史は事もスムーズに電話案内
してくれます。
壊れたやつと交換で、代替え品を送ってくれるそうですが、ここで初めて気づきました。


機械タバコだと、こんな事で一時強制禁煙させられるのね・・・・

一応復帰はしてみたものの [日記]

いや~疲れました。

今週火曜日から仕事復帰したんですが、通勤が車で50km、一日PC作業、帰りは
間違いなく暗くなってからでまた50km。

目の病み上がりにはきついルーチンです。

本当は車の運転も控えた方がいいんですが、電車だと2時間半、車だと渋滞の通勤時でも50分~1時間
ですんで、拘束される時間を考えると・・・

歩くのも階段とかがまだ怖いので駅や混雑も避けたいんですがね。

見え方としては、まだまだです。
少し充血も残ってます。

痛みはありませんが近くを見ようとすると、手術した目の奥の方がやや痛み?というより重み?のような
違和感を感じます。


来週末で術後1か月になりますが、早く良くなってもらいたいもんです。
この週末、目の方はゆっくり休めておきます。



・・・て、BLOG書いてちゃ駄目か・・・・