So-net無料ブログ作成

ちゃんとレポ [OPELの部屋]

まだまだ視力がおぼつかないので弄りの方はお預けですが、ちょうど、連続で台風が
来ている為、アウトドアDIY派には結局何もできません。

1467072587980.jpg
6月に発覚した欧州車の定番、ROOF落ち。

写真では判り辛いですが矢印の辺りが
プックリ膨らんできています。

ここだけではなく数か所発生しています。

もちろんこれもDIY修理前提で、今は何も
できないから材料や工法などをじっくり調査
中です。

これについてはまた作業ができるようになってから改めて書きます。

そこで今回は、目の病気が発症する前にギリギリ交換できた3回目の足、SACHSについて。

一度UPしましたが、ちゃんとしたレポを上げられてなかったんで。

10フロントレタリング.JPG
とうとう3回目となった足交換。

最初は、ショックはKoni sports+Vogtland
のバネでした。
2回目は、ショックのみmonroe へ交換。

ノーマル→koni は約70,000km時、koni→
monroeは約140,000km時。
ちょっと使いすぎで、交換時はかなりオイルが
にじんでおり、手で縮めた後の戻りも悪くなって
いました。

そして今回が180,000km時です。

sachsエンブレム.jpg
バネはVogtland製で同じなんですが、SACHS
のKITとしてカタログ復活されていた為、迷わず
選択しました。
SACHSは、純正Partsとしても日本車の一部や
欧州車でかなり多くの車種に設定されています。
日本で言えば、KYBやTOKICOみたいなもん
ですかね。

私も初めて欧州車を所有し、その時交換したのが
やはりSACHS製でした。

そのフィーリングが気に入り、ラインナップがあれば最初から選択したかったのですが、何せこの車種用は
早くからカタログ落ちしてしまい、選びたくてもそれができなかったわけです。

初年度が2002年の車両用を、10年以上経った今、SACHSさんが復活させてくれるとは。
日本ではどれだけの台数がまだ走ってるか判りませんが、あなただけでも付けなさいよ、と言われてると
しか思えません(妄想)

blog05.jpg
それはさて置き、交換はいつもの通りDIYです。
(右が交換前のmonroe、左が交換後のSACHS)

今回はショックもバネも新品になり、フロント
にいたっては、アッパーマウント(ベアリング込)
まで新品にする為、当然交換後は再アライメント
が必要です。

そこはPROのShopと機械に頼らざるを得ない
のですが、交換作業自体が楽しみなんで。

で、作業自体はあえてここで書きませんが、ちょっとした失敗がありました。

梱包されたいたケースには、フロントショックとスプリングは、いかにもこのように組んでくださいね、
と言わんばかりに入っていました。

何の疑いもなくそのように組んだ写真が上の写真です。右側の交換前とスプリングが逆になってます。
この状態が正しいと思い込んでいたのですが、その時少しアッパーマウントの収まりが悪いなぁ・・・
と感じてました。

作業終了2日後、ハンドルを切るとゴムを擦るような異音が出るようになり、あまりにも不自然な異音だった
為、もしかして?
と、改めて交換前の写真を確認。

そこでようやく上下逆さまだということに気づきました。
現物を確認してみると、スプリングとスプリングシートがずれてしまっており、このままではスプリングシート
が破損してしまう所でした。

梱包状態が正しいものだと何の疑いもなく組んだのが原因ですが、アライメントを取り直す前に判明
して良かったです。

12リア取付後.JPG
ミスが判明、組み直し後のSACHSの足。

過去の所有車両でSACHSを組んだ車両の
フィーリングは満足できるものでした。

今回もかなりの期待を持っていたわけですが
アライメントもしっかり調整され、普段最も使う
通勤路。

8割がた高速道路を使用しているのですが、
タイヤ騒音、ギャップ通過時の収まり具合、
乗り心地や、ICなどの大きなコーナーでの
踏ん張り、どれをとっても、今までの組み合
わせよりも全て◎。

過去の2回は、自身で組み合わせを決めた為、ショックとスプリングの相性は良くも悪くもそれなりでした。
koni の時はショックが固すぎ、monre はスプリングが勝ち過ぎ、そんな感じです。

でも今回はKIT品、SACHSがTOTALでチューニングした商品です。
相性は推して知るべし、18万km後半になってしまいましたが、ようやく満足できる足になりました。

欲を言えばロアアームやスタビライザーなどのブッシュ類も新品に揃えたかったですが、予算やParts調達
の問題もあり・・・そこは妥協と。

しかし、来月末には19万に到達し今のところ致命傷になるような故障も出ていません。

願わくばこのSACHSが経たるであろう、あと4万km(TOTAL 22万km)ほどはまだまだ楽しみたいもんです。


はたしてもっってくれるか・・・・。

体と連動? [日記]

ということは無いとは思いますが、立て続けに普段使用しているものが壊れました。

一つは、ブルートゥースハンズフリーイヤホン

16.8.28ブルートース.JPG

一番右端のやつが壊れたやつ。

一番左が再調達品。

破損内容としては、待ち受けで一回受電
すると、2回目からは携帯側を操作しない
と受電できない。

全くハンズフリーの役に立たなくなったわけ
です。

最近は防水品の高価なものもあるんです
が、この類の物、内臓バッテリーがお亡くなりになると使い捨てとなり、せいぜい2年~3年。
耳に付けますから汗やホコリなどで、毎日使うと寿命は更に縮みます。

なんで、2,000~3,000円くらいの商品で回してるんですが、今回は約半年しか持たなかった。

ちょっとそれでは耐久性無さすぎます。
今度のやつはメーカーを変えてみたんですが、どれくらい持ってくれるか・・・・


さて、真ん中に鎮座のIQOSステッィクが二つ目です。

こやつも壊れたようです。しかも約3か月で、です。
どこが壊れたか判りませんが、壊れてるよインジケータが点灯し、とにかく使えない状態です。

お客様サポートへ電話したら ”あるある案件” なのか、オペレーター女史は事もスムーズに電話案内
してくれます。
壊れたやつと交換で、代替え品を送ってくれるそうですが、ここで初めて気づきました。


機械タバコだと、こんな事で一時強制禁煙させられるのね・・・・

一応復帰はしてみたものの [日記]

いや~疲れました。

今週火曜日から仕事復帰したんですが、通勤が車で50km、一日PC作業、帰りは
間違いなく暗くなってからでまた50km。

目の病み上がりにはきついルーチンです。

本当は車の運転も控えた方がいいんですが、電車だと2時間半、車だと渋滞の通勤時でも50分~1時間
ですんで、拘束される時間を考えると・・・

歩くのも階段とかがまだ怖いので駅や混雑も避けたいんですがね。

見え方としては、まだまだです。
少し充血も残ってます。

痛みはありませんが近くを見ようとすると、手術した目の奥の方がやや痛み?というより重み?のような
違和感を感じます。


来週末で術後1か月になりますが、早く良くなってもらいたいもんです。
この週末、目の方はゆっくり休めておきます。



・・・て、BLOG書いてちゃ駄目か・・・・

退院→療養中 [日記]

先日の月曜日、約46年ぶりの入院生活より退院してきました。

前のBLOGで書いてた件ですね。


術後の状態は順調に治癒してきているそうなんですが、視力的にはまだ完全ではないです。

手術した側だけで見てみると、像は歪んでおり、また午後あたりからは疲れてきて目を閉じたくなります。

主治医の話だと、術後半月から1か月はすっきりした視力にはならないそうなんですが、逆にいえばうまく
いったので心配せずとも視力は戻るとの事。

実際、日に日に歪みは少なくなっては来ています。


とりあえず、まだ車を運転したり、徒歩でも階段の上り下りや遠近感が乏しい為、遠方へ出かけたりする
のは危なそうなのでもう少し自宅療養にしました。

こんな時でないと休めないのも辛いですが、休みをとりました・・・


が、便利な世の中になったが為か、それとも気になる性格だからなのか、会社メールがチェックできて
しまう為、完全休養には・・・・

なかなか休めませんね・・・

入院食16.8.10.jpg


写真はある日の病院食。

幸いにも内臓疾患ではないので、味も、量的にもまずまずでした。

入院7日目 [日記]

当初は明日迄の予定でしたが、8日迄診察しそのまま退院しましょう!

ということになり、入院延長決定です。

経過は良いようなんですが、やはり網膜が剥がれる前の施術に対し、剥がれてからの施術では
視力の回復に差が出るようです。

現時点で、視力の回復はまだ満足できる状態では無いです。
辛うじて看護師の判別はできるようになりましたが・・・・

とはいえ、本日の診察でようやく洗髪の許可が出ました。

この季節、食っちゃ寝だけでも頭洗えないのは辛いです。
首から下は術後の翌日からOKだったんですが。

さて、退院迄あと4日。どの位迄視力は回復するのか。


3回目の整備交換 [OPELの部屋]

いや〜本当は7/12位にupしようと思ってたんですが、突然の視力の低下。
結果、前の二つのBlogになるわけですが、手術から入院なんて5歳の時以来。
その時は扁桃腺の除去手術でしたが、手を切ったなどの縫合手術以外では46年ぶりです。

01SACHS.JPG
そんなオーナーの手術の前に、オーナー自ら
車の方の手術を実施。
3回目の足回りPARTSの交換です。

交換前はMONROW製。およそ4.5万kmほど
の使用です。

丁度一般的に言われるショックの美味しい
ところも過ぎ、ギャップ通過時の落ち着きも
無くなってきたところ。

個人的に一番フィーリングが好きなSACHS製が、カタログ復活していたのを見つけたのが
昨年末位だったか。

18アッパーマウント.JPG
次は絶対これと決めていたが、交換の必要
になる走行距離まで維持できるかが肝。

丁度車検もあり、無事通過を受け恐らく
この車用となると在庫はないと踏み、
そのまま発注。

予想通り2ヶ月ほどかかるとのこと。
まー想定内であり、丁度先に書いた走行
距離に届く頃でもあり、計算通り。

12リア取付後.JPG
結果的には約1.5ヶ月で入荷したんで、
天気と仕事の都合、そして今回はkitでの交換
だったんでアライメントの調整タイミング
(お願いするお店の空き状況)
を考慮し、7月の頭に交換、その1週間後に
アライメント調整、その後ウキウキ!

のハズが、自分の目の不具合です。

いや、予想していた通り、SACHSは優秀で
アライメントがしっかり調整された車体は
安定この上なく、満足できたんですが。

sachsエンブレム.jpg
車の手術は無事成功で、他にも経年劣化の
補修をしなくちゃいけない部位があり、
この夏もお楽しみ目白押し?

の予定がすっかり狂ってしまいました。

でもこれは、『チョット休みなさい!』

ということでしょうかね。
うちの会社は特に夏休みもないし、仕事
も立て込んでいたから疲れも溜まってたかも。


ということで早く治して、車弄らないと。

仕事はほどほどに・・・・


したいけど・・・・


無理かな・・・

結局、入院 [日記]

前回のBLOGで書きましたが、7/27の診察で、急遽手術、そのまま
入院することになりました。

結果、よくなり始めてたような感じはあったのですが、一気に網膜剥離が
始まったようで。

予定では更に一週間後に手術予定だったのが急に決まったもんで仕事の
引き継ぎはバタバタ。

でも、大義名分で三食昼寝付き休暇が取れます。

と言っても質素で健康的な病院食と、親父ばかりの相部屋での昼寝ですが。


さて、手術から丸三日経ち、ようやく術後の痛みもマシになってきましたが、
まだ視力は不完全です。

予定ではあと3日で退院なんですが大丈夫なのかぁ?

そこらじゅう故障中 [日記]

て、車の話じゃないです。

わが身です。

原因は不明なんですが、先週土曜日から左目が霧の中に迷い込んだようで、
ほぼ視覚がありません。

老化なのか、それとも何かきっかけがあったのか。

確かにここ数ヶ月、飛蚊症と言われる、目の中で蚊が飛んでるような現象が酷くなっていました。

が、出たりでなかったりで、また色々調べてみるとこれも老化の一つだということで、とりあえず様子見して
ました。

またほぼ毎日座り仕事(=PC作業)の為、視力もさることながら左でん部が傷み出し、これはあまりに
酷いので五十肩で通っていた整形外科で診てもらうと坐骨神経痛だとか。
ほぼ腰痛からくるようですが、腰が痛いがために変な姿勢で座っているのも原因だとか。

飛蚊症、坐骨神経痛を抱えながら、先週木曜日から金曜日に会社のイベントで丸1日、何十年ぶりかに
激しい運動をしました。

思ってたより坐骨神経痛は影響なく、それなりに体は動いていたのですが、金曜日から体中激しい筋肉痛
です。
年取ると遅れて出てくる(実際私も軽い運動ならそうですが)、そんなもんじゃなく、体全体で湿布液に浸かり
たい位の痛みです。

そんな体でありながら明けて土曜日。

用事で朝から車で出かけ、時間ができたのでこれまた数十年ぶりに映画館で映画を見ました。
これは、動き回るのが辛かったんで。

映画館を出て、夕方家に戻ったあたりからなんか物の見え方がおかしい。

飛蚊症の強いのが出始めている?・・・
何気に片目だけで見てみたら・・・うゎ、真っ白!

完全に片目の視覚がありません。

慌てて日曜日にやってる眼科が無いか探したら幸いにも近くにあり翌朝直ぐに診断してもらう事に。

結果、目の奥で出血が見られると。ただその病院の設備だとそれ以上は診れないので、大きな病院
への紹介状を書くと。

なんか大事になってきた。

翌月曜日。視力がこんな状態である為、とにかく早く診てもらった方がいいだろうとその大病院に電話
したら案の定、数日後の予約しかとれないと。
こっちはいきなりの状態なのでなんとか頼み込み、受診。

やはり結果は同じでしたが、眼科の中では珍しい症状ではないらしく、1週間様子見ましょうとのことに
なりました。
危ないのは網膜剥離が発症していると直ぐに手術を薦めるそうなんですが、そこまでは確認できない
らしく、そういう場合手術を薦めないのだとか。

しかし、飲み薬や目薬など何かでるのかと思ってたら、特にないとのこと。

え~、この状態で1週間過ごせと(+o+)

直ぐにスッキリしたいなら手術したら早いですよ・・・て、患者判断かよ(怒)


費用も仕事の引き継ぎもあるし、さすがに ”じゃーしましょう!”と返事できるわけも無く、とりあえず
腑に落ちないまま1週間経ちました。


現在は、真っ白な状態からやや物が確認できる状態にはなりましたが、気にならない程度には程遠い
状態ではあります。

次回検診は水曜日。

なんかこの状態であればまた 『様子見ましょう』 と言われそうですが、不便なんですよねぇ。
遠近感が取れなくて。

仕事にも差し支えるし、思い切って手術したほうがいいかなぁ・・・・

今年もありました。そして行けました。更に焼きました! [OPELの部屋]

毎年恒例、Vec泊OFF。
数えて13回目、オーナーは少なくなりつつも私を含め数名生息、参加されました。

そんなOFF会の様子を。

01.JPG
6/25 土曜日。

天候はかろうじて曇り空ではありましたが
走るのに影響の出そうな雨も降らず、最近
の定番ルート、圏央道入間から降りてR299へ。

若干交通量は多いものの、ほぼ順調に秩父に
入り、”道の駅あしがくぼ” で小休憩。

ここは、西武秩父線 芦ヶ久保駅のすぐ
側にあり、つい最近 ”鉄腕ダッシュの0円食堂”
でもロケに来てた場所です。

私は何度か立ち寄ったことがあったんですが、ロケの中で旨そうなものが売っているのを紹介してて
今度行ったら是非食べてみようと。
写真はありませんが、ジャガイモをポテトサラダを作る時のように一旦潰し団子状にして、3個串刺し、
天ぷらにしたものです。
そこに甘辛い味噌が掛けられており、これはかなりイケました。
お値段も非常にリーズナブルでお勧めです!

blog01.jpg
ここから先は、ただひたすらR299を走るのですが
一緒に行った息子が、昼には蕎麦を食いたいと。

何度もR299を走っているのですが、それらしき
蕎麦屋は記憶になかったので、途中、R462で
また群馬方向に戻ることに。

その時、VWゴルフGTRが遊んで攻撃を後ろから
仕掛けてくるので、頑張って走りましたが、見た目
早そうでも所詮非力な私の車。

前車が詰まったところで先行してもらい、追い
かける側になった途端、大きな水車のある良さ
げな蕎麦屋さんを発見。

”天神茶屋”というお店で、ここも大当たりでした。

腹も満たされ、あとはいつもの会場、佐久市のこちら様へ。

blog02.jpg
下道でのんびりと、と思ってたのですが、バカ
NAVIが上信越に乗せたがるので、仕方なく従い
ましたが、予想以上に戻っていたので、これは
これで正解でした。

さて、到着するとほぼ参加者の皆さんは着いて
いて軽く談笑中でした。

ほとんどがOB化しておりますので、欧州車も
国産車も色々です。

今年のOFF会冠車は4台。

これでも集まった方です(^^)

しばらく談笑の後、近くの温泉へ出向きちょうど帰ってきたころには料理が並んでます。

blog03.jpg
blog04.jpg
アルコールやソフトドリンク類は持ち込みで
いつも通り大量、多種多様なのも例年どうり。

ここからはダイニング貸切で飲めや食えやの
宴の始まりです。

みなさん、10年から15年くらいのお知り合い
でしょうか。

考えてみたら最初はみんなOPEL乗りだった
んですから考え深い物があります。
ですが今乗ってる車が違えど、車OFFっぽく
ないのがこの集まりです。

車の話から家族の話、仕事の話、他の趣味
話から将来設計?まで。

各テーブルごとに繰り広げられてます。

今年はnet上ではかなりの古株で割と知られ
ている人なのに、初参加という方もおられ、
自分が初対面の人が多いからと、全員に
自己紹介を強要していました。

が、これもまたいい催しになりました。

私も既に6~7回目になるか、既にイベント化してしまいましたがいつもの ”焼き” も披露。
これ、自身も楽しいのですが、参加者の皆さんと、オーナー夫妻にも喜んでもらえるのが何よりで。
こういうのができるのも長いお付き合いだからでしょうか。

blog05.jpg
さて、明けて翌朝。

一番車OFFらしくなる時間帯です(^^)

早起きさん達が車の前であーだこーだ
と話してます。

ここ数年のパターンで、集合日は雨、翌日
晴れが多く、私の行動もパターン化。

そう、洗車です。

今年は自営でカーメンテナンス業を始めた方がいて、私の車のルーフがまだいけるのか、
それともいい加減諦めろ!なのか軽く磨いてもらったんですが、結果、後者でした。

更に、恐れていたルーフの垂れ下がりがとうとう始まり、というより見つけられてしまい、またまた
やるべき作業を認識させられたOFFになりました。

そんなこんなで楽しい2日間はあっという間に過ぎていき、また来年の再開を約束し、皆さんいつもの現実に
戻っていきます。

まーそのギャップがあるから、余計に楽しいんでしょうけど。

経年劣化でこんなとこまで [OPELの部屋]

つい先日、会社からの帰路途中、車に乗り込みセンターコンソールを開けたら、何か違和感。

あれ?こんなに開かなかったっけ?

01破損部補強.JPG

と思いながら、その違和感のある部分をLED
ライトを当て調査してみたら、摺動部近くで
何かが引っかかっている。

細いドライバーでホジホジしてみると、中で
カラカラ動くものがいる。

なんじゃこれ?

と一瞬思いましたが、直ぐにピンときました。


恐らく、摺動部(回転軸)の部品が割れて落ちているんだろうと。

いやぁ~、とうとうこんな所まで破損しだすのか・・・・いやぁー参ったぁ・・・・

が、このままではセンターコンソールが開けられないので、まずはバラします。

ここも本来はバラす事なんか考えられていないと思います。
写真の状態までもってくるのに四苦八苦。

エアコン吹き出し口を外すものだろうと考え、何とか外しはしたが簡単に外れるわけも無く周辺は
傷だらけです。

04assy.JPG

結果、このエアコン吹き出し口は全く関係なく
該当部のカバーを外すだけでした。

外した結果、1枚目の写真の斜線部にあるべき
部品が存在していない。

というより、カバーを開けるとポロっと。

部品の破損状態が2、3個に分かれていた為、
接着剤等で修理するのは無理そうでしたので、
アルミ材で簡易人工骨を作成、軸受けを新たに
成型しておきました。

破損部分はこれで復旧できたわけですが、傷だらけになった周辺もこのままですと何とも悲しい。

当然、再塗装しました。
フロント側のエアコン吹き出し口とお揃いに。まー結果オーライということでしょうか。

07右も補修.JPG
で、同様に劣化部分で長らく放置していた部分。

これも合わせて再塗装しました。

写真はドア内貼りのハンドル部分なんですが、
元の塗装に傷、剥がれが多数あります。

実は、助手席側は車を購入したおよそ10年前
既に剥げており、そのうち再塗装しようとして
いた部位でした。

それがなぜか今の今まで放置プレーで・・・・

昨年ステアリング巻き直しで使用したフェイクレザーがかなり余っているので、レザー仕様
にでも、と考えていたんですが、形状が複雑で、結局、安直な塗装に逃げました。

09マスキング.JPG
塗装する部分だけ外せればよかったんですが、
復元するのに難がありそうで、工法もマスキング
で逃げました・・・・

この方が早くできますんで・・・・

まっ、工数削減ですね。

でも久々にマスキングしました。

塗装の基本としてできるだけ対象物は
外すのが鉄則ですからね。

なるべくそうしてきましたが、先の破損部修正が作業としてプラスされたんで(言い訳)

10ラバーブラック.JPG
さて、塗り終えた単品です。

使った塗料は、タミヤのラバーブラック。

名前通り、ゴムっぽい色と質感が出ます。

これを見つけた時、いつかここの補修で
使ってやろうと考えていたのに、いつでもできる
と思ったら結局10年も放置してました。

でもまーきれいになったから、こちらも良しと!


で、なんでこの色なのか。

実際、純正の元の色とは合ってません。

ドンぴしゃな色が見つけられなかったというのもありますが、昨年ステアリングの巻き直しをやって

『あーやっぱり、この色やな』 と、改めて間違いないと。

ちょっとわかり辛いですが、ステアリングを巻いたフェイクレザーの下側の色。

見事に ”こーでねーと” です。・・・・またこれが、いとよろし。と。

14取付右ドア閉じ.JPG